電力料金削減エスコ事業

電力料金削減エスコ事業

エスコ (ESCO) 事業とは

エスコは、Energy Service Company (ESCO) の略称で、省エネルギー化をおこなうことによるによる水道・光熱費が削減される範囲内の資金で、設備投資をおこない、省エネ化を促進させていく手法です。
エネルギーコストの削減によって得られた利益で設備投資費や改修工事費、保守メンテナンス費などの費用をまかなうことができるため、お客様は初期投資費・メンテナンス費がゼロで実質のご負担なく照明や空調などの省エネルギー設備を導入するできるようになります。

エンブリッジでは、大規模な工場やビルなどについては、関西電力グループの関電エネルギーソリューション社と協同でエスコ事業を推進させていきます。
このため、高圧キュービクルや高圧変電器などの受変電設備やコージェネレーションシステム、冷熱・温熱供給設備、太陽光発電システムなどの再生可能エネルギー設備といったユーティリティについても、トータルでサポートすることが可能です。

省エネ化によって得られるコストメリット

エスコ事業では、エスコ事業者(設備・機器・人的コスト等の提供者)が、対象物件の省エネ化を実現するための設計や施工、改修費用の調達(ファイナンス)などを一括しておこないます。
その結果、得られる省エネ効果を保証するとともに、省エネルギー化実現に要した設備投資費(金利も含む)や諸経費等は、すべて省エネルギー化によって得られる経費削減分で一定期間の間償還され、残余分がお客様の利益となります。

つまり、
 01 初期投資費用の軽減
 02 ランニングコストの削減
 03 設備維持にかかるコストの平準化
といったメリットを享受することができるようになるのです。

コストダウン事例を見る

高騰する電気料金を初期投資なく設備を見直し大幅に削減!

施設や工場、ビルなどのエネルギー診断をおこない、照明等の設備機器の見直しから保守まで、エネルギーの効率改善・コスト削減をサポートし、省エネに貢献します。

エスコ事業でご提案するLED照明の特徴

安心の日本製をご提案

海外製品の場合、故障や不具合が多いと言われますが、エンブリッジでは安心の日本製LED照明をご提案しています。効率性や耐久性においてキーとなるLED素子は信頼性の高い日亜化学製のものを使用し、特に不具合が発生しやすい電源についても日本製を採用しています。

オーダーメイド型の管球を製作

LEDの色味や形状、光の強さ、消費電力など、既製品では対応しきれないお客様の環境に合わせたオーダーメイド型の管球を製作することができます。シャンデリアや裸電球などのLED化も多数の実績がありますので、ご相談ください。

業界最長の商品保証を実現

エンブリッジがご提案するLED照明は、最長7年間の長期商品保証を採用しています。通常1〜2年の保証が多くなっていますが、高品質な日本製の部材を使用しているために、これだけの長期保証を実現することができています。

PAGE TOP