エンブリッジ社長ブログ

タルムード

「 自分の思考に注意すること。 」
この言葉には、

ある本で出会いドキッとしたのを覚えています。
タルムード3

 

自分の言葉に注意すること。
それは自分の行為となるから。

自分の行為に注意すること。
それは自分の習慣となるから。

自分の習慣に注意すること。
それは自分の性質となるから。

自分の性質に注意すること。
それは自分の運命となるから。
これらの言葉を一度ぐらいは
耳にした方はたくさんいらっしゃることでしょう。

ユダヤの律法のひとつ、
タルムード に書かれている有名な言葉です。
タルムード2

人として大切な本質をこれほど分かりやすく、
明快に記した言葉を他にわたしは知りません。

この言葉は、ある国の情報局員になるための
心構え としても伝えられているほど、
人間の本質をついている言葉です。
モーセが伝えたもう一つの律法とされる
「 口伝律法 」を収めた文書がタルムードです。

つまり、

「 口頭で伝えるべきこと 」 ということです。

多くのユダヤ教徒の生活、信仰の基になっています。
タルムード1
他にも少しタルムードの中の言葉を紹介します。
・自信を失うという事は、自分に対して盗みを働く様なモノである。

・人を傷つけるモノが三つある。 悩み、いさかい、空の財布だ。
その内、空の財布が最も人を傷つける。

・世の中には度を越すと行けないモノが八つある。
旅行、性、富、仕事、酒、睡眠、薬、香料だ。

・柔軟な木は折れないが、硬直した木は折れる。

・豚は食べ過ぎる。苦しんでいる人間は話しすぎる。

・賢い者は、自分が何を話しているのか知っており、
愚かな者は、自分の知っている事を話す。

・金は、よいセンス意外のモノなら何でも買える。

・粉屋が煙突掃除屋と喧嘩をすると。粉屋は黒くなり、
煙突掃除屋は白くなる。かゆいところをかく事と、
困ったときに金を借りる事は、一時しのぎに過ぎない。

・幸運から不幸までの道のりは短く、
不幸から幸運までの道のりは長い。

・自分より賢い者に負ける方が、
自分より愚かな者に勝つよりも得だ。

・三つのモノは隠す事が出来ない。恋、咳、貧しさ。

・金は道具である。道具に支配される者はいない。
だから道具はできるだけ多く持っていた方がいい。

・貴方の親友が、貴方にとって蜂蜜のように甘くても、
全部なめてしまってはいけない。
・友が怒っている時に、なだめようとするな。
悲しんでいる時に、慰めるな。

・評判は最善の紹介状であり、表情は最悪の密告者だ。

・嫉妬は千の目を持っているが、一つも正しく見えない。

・結婚へは歩け、離婚へは走れ。

・富は要塞であり、貧苦は廃虚である。

・出逢った人全てから、何かを学ぶ事が出来る人が世界中で一番賢い。

・無恥と自負は兄弟である。

・多くの者は考えたくないので、逃れるために本を読む。

・自分の言葉を、自分が渡る橋だと思いなさい。
しっかりとした橋でなければ、貴方は渡らないでしょうから。

・ゴシップは必ず三人の人間を殺す。
言い触らす人。反対せずに聞く人。話題になっている人。

・酒が頭に入ると、秘密が押し出される。

・最も大切な事は研究ではなく、実行である。

・お世辞は猫の様に人をなめるが、やがてひっかかれる。

・男は両頬の間と両足の間で評判が決まる。

・ある人は若くして老い、ある人は老いても若い。

・自分の欠点ばかり気にしてる人は、人の欠点に気づかない。

・人間は、他人のささやかな皮膚病は気にしても、
自分の重病は目にはいらない。

・嘘つきに与えられた最大の罰は、彼が真実を語った時も、
人が信じないことだ。

・人間は、20年かかって覚えたことを、
2年で忘れることができる。

 

いかがでしょう?

ドキッ! とする言葉だらけじゃありませんか?

タルムード4
(ユダヤの少年達は幼少期から読み込む!!)

これだけ人間の本質をみつめ、見通していながらも、
非常にわかりやすく伝えてくれている。

古の賢人たちは
いったいどれほど未来を見通していたのでしょう。

関連記事

  1. 飽きる
  2. 神さまと神さまの対決
  3. 日本のマスコミの罪と日本人の情報力
  4. ビジネスの発展と落語
  5. キックオフ
  6. 年始の風物詩
  7. 組織を動かないようにする方法
  8. 11月に想う

社長ブログ 最近の記事

社長ブログ カテゴリー

2016年以前の「エンブリッジ社長ブログ」はこちらよりご覧ください。
PAGE TOP