エンブリッジ社長ブログ

森羅万象に溶け込む組織論

組織運営のあり方に関する論は

プラトン の 『 国家 』 をはじめ 古代 からみられた。

現代的な組織論は、20世紀の初期、

軍隊や工場のような組織が巨大化するにつれて

関心が強まり本格的に研究されるようになっていった。

ですから、組織論や戦略のはなしにでてくる言葉には

「 戦争用語 」 が多いんですねぇ~。。。

マックス・ヴェーバーは、合理的な組織にみられる特質を

「 官僚制 」 であると指摘した。

近代官僚制は、

● 権限範囲の明確化

● 組織の階層化

● 組織の専門化

● 文書によるコミュニケーション

などを特徴とする。

同じころ フレデリック・テイラー は、

工場労働者を機械の一部のようにとらえて管理する
 「 科学的管理法 」 を提唱し、

大量生産体制の確立に貢献し労働コストの削減に成功した。

だが科学的管理法のもとで労働者が強いられる単純作業は
過酷なものであった。

エルトン・メイヨー 

1927年からの5年間にホーソン実験と呼ばれる実地調査を行い、

労働者の勤労意欲の維持が組織活性化に不可欠 であることを明らかにする。

この流れを受けた チェスター・バーナード は、

組織の成立には、個人の努力を組織目的に寄与する意志 「 協働意志 」 と、

目的なしに組織は生まれないから 「 共通の目的 」 、

さらに組織の諸要素を結合する 「 コミュニケーション 」 の

3つの要素が必要であると論じています。

などなど。。。

組織論も時代とともに変化しています。

それは、時間の流れとともに、人々の人生の価値観も

少しづつ変化してきているからでしょう。

わたしは、 

森羅万象に溶け込むような組織が理想と思っています。

つまり、自然界の法則のような組織です。

川や海は誰に命令されるわけでもなく

そこにあります。

蜜蜂たちは、自分たちが一生懸命生きるために

蜜を探し求め、巣に運びます。

その途中に立ち寄る、花々に花粉をつけていく。。。

各々の存在が、

自然と調和していくような、組織体ほど

強いものはない。

考えて、理論化することは大変そうですが・・・(汗)

わたしは、あまり株式がどうだとか

51%所有したいだとか、

所有 や 支配 には興味ないんですね。。。

それよりも、

各々が自立していて、自転している組織であり

お互いの強みを生かしあえる連携に興味があります。

適度に、適切な距離感を保ち

お互いがしっかり自転している組織体。。。

銀河系みたいですね。

そのためには経営者自身が、

自然と調和させるような組織体のあり方を

漠然とでもイメージし、 イメージし続け

日々、カイゼンしていく。

これがもっとも大切なことだとおもいますね!

関連記事

  1. 花粉
  2. 存在
  3. もうひとつのMKタクシーの話
  4. 【おすすめ読書】 来期に向けて具体的な戦法論
  5. 安岡正篤先生と田中角栄
  6. カウントダウン
  7. 100
  8. 飽きる

社長ブログ 最近の記事

社長ブログ カテゴリー

2016年以前の「エンブリッジ社長ブログ」はこちらよりご覧ください。
PAGE TOP