エンブリッジ社長ブログ

人材が動く

派遣切りが社会現象になり、数週間が経過しました。

雇用不安が叫ばれる社会。

 

派遣社員だけではなく、正社員も含め

大企業においては、当たり前のように数千人単位の

リストラが実施されている。

それ程の非難も浴びず。。。

 

どちらが悪いとか、よいという問題ではない。

ただ確かなことは、国として国家として

日本として、今の状況を放置していてよいはずはないということ。

 

国の将来は、その国民の未来。

不安が先立つのではなく、

  “ 安心 ” を創出していかなくては。

それがなくては、迫りくるものは

犯罪社会を筆頭とした、不安な世相でしかない。。。

 

今、エンブリッジにも多彩な人材

多様な人材が集まろうとしています。

毎日、毎日 たくさんの履歴書をいただきます。

エンブリッジを志望いただけたこと。

 

大変大変、光栄だし

嬉しく嬉しく思います!!

 

だが、お逢いしてみると

正直、心惹かれる方は少ない。。。

まだ、どこか依存しようとしているようにしか感じないのです。

 

     自分がやる!

 

ということを決断しているのではなく、

何を与えて貰えるのか?

何を教えてもらえるのか?

何が得られるのか?

 

感じるのは、こんなことばかり。。。

中途入社はもちろんのこと、大卒の新入社員にいたっても

もっと、考え方をあらためるべきだと私は思います。

私はこれからの50年間で

もっともっともっと、  雇用の価値感 が大きく大きく

変わっていくと感じています。

今まで高校や大学を卒業したら、正社員として

雇ってもらうことが普通ではなくなる時代。

もっと言えば、就職できずに

  “ 業 ” を興さざるを得ない人が増えるのではないかなと。

独立とか、起業とか、ベンチャーといったような

華々しいイメージではなく、

昔、 近江商人 が天秤棒を担いで

遠いところまで、モノを運び行商をしていたように。

『 A地点からB地点まで私が運びます 』 とか、

『 Aを上まで持ち上げます 』 とか、

『 AとBを私がコラボレーションします 』 とか、

ビジネスモデルのようなものは存在しない、

荷受的な仕事の “ 業 ” を興す個人が

増えざるを得ないような気がします。

 

正社員になれるのは、一部の人材。

その筆頭は 0から1を 創出することが好きな人や

やはり、人間力豊かな、知的好奇心溢れる人なのでしょう。

特に学生さんに伝えたい。

もっともっと 覚悟 すべきです!

皆さんは、社会に出る為の基礎教養を身につけて

学校を卒業してくるはずなのです。

何を貰えるか、教われるか???

ではなく、

自分が何を提供できるのか!

 

ということが大切だと。

私はそのように思うのです。

関連記事

  1. 兄貴分
  2. 天下人の心
  3. 今こそ上杉鷹山を知る ~ 東日本大震災 ~
  4. クリスマス・イヴ に大阪を思考する
  5. 人間の力   ~ 就活生への応援歌 ~
  6. MKタクシー講演会
  7. 不二子ちゃん!
  8. 2008年の最後の日

社長ブログ 最近の記事

社長ブログ カテゴリー

2016年以前の「エンブリッジ社長ブログ」はこちらよりご覧ください。
PAGE TOP