エンブリッジ社長ブログ

信賞必罰

5年目をスタートするにあたり

少し、自分の今までの経営のあり方を

振り返ってみた。

       信賞必罰 

ということのあり方について

考えつづけてきた4年間でもあった。

称されるべき行為・結果に対しては

賞として報いる。

組織としての 原理原則 が

犯されたときには躊躇なく罰する。

これらが保たれなくなったときに

組織は間違いなく崩壊する。

しかし・・・

わかってはいるが

これが、なかなか出来ないものなのです。

特に小さい組織の場合は

様々な意味において

社員バランスが保ちにくいことが

一番の要因かと思う。

賞することは良いが、罰は難しい。

近年、 モチベーション や 社内風土カイゼン など

ということが経営の中の流行言葉のように使われるが

わたしは少々、 違和感 を感じる。

それらは誰かや、組織から与えられるべきものなのか?

気を配られるべきものなのか?

それらは、個々の意志で産み出され、
            
          育むべきもの
 ではないのか?

こう感じながら、まだまだ未熟な経営に

自分なりの経営観を貫くべく、5年目を目指すことにします。

関連記事

  1. 宇宙には はじまりがあった!
  2. いざ!! アジアへ!!
  3. ICRT
  4. 東日本大震災 ~ 不屈の日本 ~
  5. ビジネスの発展と落語
  6. 3才までの教育論
  7. 不二子ちゃん!
  8. 内定をとる方法 ~超氷河期就活生に捧げるバラード~

社長ブログ 最近の記事

社長ブログ カテゴリー

2016年以前の「エンブリッジ社長ブログ」はこちらよりご覧ください。
PAGE TOP