面白き こともなき世を 面白く



現在の階層


エンブリッジ・プロジェクトマネジャーブログ

りんごは存在するか?しないか?
[山本 彰洋]

ニュートンは りんご が落ちるのをみて、

               万有引力 を発見した!!


「りんごが落ちる理由」を発見したのである。

りんごが 『落ちる理由』 を説明できた。


では、りんごが 『存在する理由』 は説明できているのだろうか?


りんごが ”もし存在すれば” 落ちるだろうが

りんごが ”もし存在しなければ” 元も子もない。


このように、ある物事や概念が存在するか?しないか?を学ぶ学問を
『 形而上学(けいじじょうがく) 』 という。

僕がこの学問を知るきっかけになったのは、

デカルトの書いた 「方法序説」 という本である。 

この本の中に 

     『我思う、ゆえに我あり』

               という有名な言葉が出てくる。


この世の全てを偽と考えいる間も、そう考えているなにかしらは、必然的に存在しなければならない。

だから、『私が考えていることは私が存在すること』と同じだ。

デカルト・・・すごい!!笑

こんなことを考えたこともなかった僕には、目からウロコの本でした。

存在するか理由、根拠をどうやって説明するか?

簡単そうで、かなり難しい・・・

さて、タイトルにある「りんごは存在するか?しないか?」の問題

あなたは今、子供がいます。

子供に「りんごって本当に存在するの?」って聞かれたら、

なんて教えますか?

« Delight Vol.11 | 社員ブログTOP | PHPでプログレス表示を行うには? »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:



ナビゲーション