エンブリッジ社長ブログ

~ 就活 ~ 作戦その2 アポなしで受付を突破せよ

さて、昨日の続きで 今日も “ 自分の就職活動 ”を振り返ってみます。

少しシリーズ化できそうです。(いつまで続くのやら。。)

さてさて、
『 アポ無し突撃訪問 』 という方針で動きだした就職活動。。。

超楽観的に考え、意気揚々と行動しだしたが
当時の僕としては想像していなかった関門がズラズラ出てきた。

 

1流会社には必ず受付嬢がおり
『 用件 』を質問され、アポがないと追い返される。

元気に、人事部長との面会を求めても100%の確立で
思いっきり断られるか、

『 はぁ??? 』 という顔をされる。(苦笑)

それでも、メゲずに最初の頃は
受付嬢に『 企業人として、訪問してきた学生に対して応ずべき! 』 と

恥ずかしげもなく 正論 を堂々と門前で繰り広げていた・・・(苦苦笑・・・)

それは 確かこんな感じだった・・。

『 あなたはたぶん教えられたマニュアル通りに、アポ無しであれば
断るか、居ない!としらばっくれるか教えられているのでしょう。
それは大きな間違いだ! そんなことしてれば、人材を見失いますよ。
あなたは、あなたの判断で学生や訪問客を見るべきで、自分自身が
この人は自分の会社に益をもたらす人物かも・・・と思うことが出来れば
堂々と自分の裁量でキーマンに繋ぐべきだ!!
マニュアル対応ならば、整理券を発行する機械を門前に置いておけばいい。
人事部長に繋ぐか繋がないかの判断だけでも上司に仰いでください!!』

・・・ってな感じです(汗)

あながち、間違ったことを言ってたつもりはなかったんですが、
泣き出しそうになる受付嬢もいらっしゃいましたね。。。(苦笑)

あの時の受付嬢の方、ごめんなさいね。

当時の僕は、『 学生ならば人事部に繋いでくれる 』と、
超楽観的に考えていた(苦笑)

しかし、受付嬢の立場からすれば、そんな対応ばかりしていれば
上司に怒られるのは明白だし、ある意味、ある一定のルールを
守るかどうかを見る視点も就職活動の中には意味合いとして持たされている。

今考えれば、当たり前のことばかりで
その時、そんなことも知らずに大口を叩いていた。。。

今思うと、恥ずかしくて冷や汗モノですけどね・・・(苦笑)

でも、あの時 無理を承知にアポを取ろうとしてくれた受付の方も
いらっしゃいました。(感謝!)

確立はかなり低かったですが、その対応で通してくれた企業がありました。
アミューズメント会社のC●●という会社でしたが
あそこの人事部長は素晴らしかった!!

人事部長はとても若い感じの方でしたが、
足が不自由な方で、義足をつけた方でした。

最初、そのことに驚きましたが、
少し挨拶を交わしただけで、なぜ会社がその方を
人事部長に抜擢していたのか、学生だったわたしにも
伝わるものがありました。

2~3時間は話をしたでしょうか。
なんと ほぼ即決に近い形で内定に近い承諾をいただきました。

ホント嬉しかったですね。

残念ながら、結局その会社にお世話にはならなかったのですが
あの時話したことは今でも鮮明に覚えています。

ホント いい勉強をさせていただきました。

その後も僕なりに工夫して受付嬢をパスする為の
様々な作戦を産み出していきました。

代表的な作戦をいくつかあげると

☆グリコで賄賂作戦!! ・受付嬢にグリコを配り、何度か通う!!
結構喜ばれたし、面白がられた。(笑)

☆堂々と名乗り、あたかも人事部長を知っているかのように
事前に名前を調べておいて『 あ~・・・。○○だけど、△△部長今日は
戻ってますかね??』作戦!!

・これは、その後 真剣に怒られた!!(苦笑)
でも、反面喜んで面白がってくれた部長もいましたよ!

☆説明会の受付に堂々といき、あるはずのない名前を堂々と言い
名前がないことを 受付ミスと思わせるように展開させ、セミナーを
受けさせてもらう。

・これは意外と、成功確率高かったですね。

☆堂々、急いでる振りして、走りながら無視してスルー作戦!!

・これを一番多用したかなぁ。。。
警備員がいないとこでは有効でしたよ!!

営業も、就職活動に聖域なし!

ではでは、今日はこの辺で~!

関連記事

  1. 心豊かなお正月のありかたって??
  2. BIRTH
  3. 就職活動 ~ 奇襲作戦 トラトラトラ! ~
  4. 最強のコンサルタント  ~ 就活応援!【コンサル業の本質】~
  5. ご冥福を
  6. 今という時代に
  7. 森羅万象に溶け込む組織論
  8. 【おすすめ読書】 来期に向けて具体的な戦法論

社長ブログ 最近の記事

社長ブログ カテゴリー

2016年以前の「エンブリッジ社長ブログ」はこちらよりご覧ください。
PAGE TOP