沿革

沿革

創業期

2003年11月 エンブリッジ株式会社の前身となる、サンウッドコミュニケーションズ株式会社を大阪市住吉区に設立
大手エネルギー会社と、地域工務店ブランディング支援事業における企画・運営・コンサルティング契約を締結
2003年12月 大手エネルギー会社の100%子会社内にプロジェクト本部事務局を設置し、赤井基純(現エンブリッジ株式会社 代表取締役)が本部事務局長に就任
2006年3月 同プロジェクトにおける地域事務局の設置と会員企業100社以上の販売網構築に成功し、プロジェクトを完了

コンプライアンス事業への展開

2006年4月 公益通報者保護法に対応したコンプライアンスツール 『SEEDS net HELPLINE』 を開発。内部通報の第三者窓口としてサービス開始
2006年7月 社名をエンブリッジ株式会社に変更し、大阪市西区 (西本町) にオフィスを移転
J-SOX文書化支援サービスを開始
2007年1月 「プライバシーマーク」取得
2007年4月 SEO対策サービスを単独サービス「Ultra SEO (ウルトラSEO)」として提供開始。これにより、Web事業におけるコンサルティングからWeb運用サポートまでトータルにサポートを展開
2007年7月 企業向け広報支援サービス (五大紙および主要雑誌媒体等への掲載等) を開始
2007年10月 大手通信会社とWeb・SEOプロモーション事業全般にて事業提携
豊中商工会議所とSEOプロモーションセミナーを共同開催
2007年11月 大阪産業創造館(財団法人大阪市都市型産業振興センター)と関西の中小企業向けWeb・SEO・コンプライアンススクールを共同開催

第二創業期

2008年5月 資本金を21,000,000円に増資
ユニバーサル検索サービス「WordsWarp(ワーズワープ)」をリリース
2009年4月 携帯販促契約数No.1のオールインワンパッケージ を『NEXT100 Plan』として提供開始
旭屋出版より『はじめての絵ごころ弁当』を出版
2009年9月 絵ごころ弁当シリーズ第2弾『絵ごころサンド』を旭屋出版より発売
2009年12月 一般社団法人淡路島おいしい食材推進機構 設立。赤井基純(現エンブリッジ株式会社 代表取締役)が理事に就任
「絵ごころ弁当コンテスト」決勝大会を開催
2010年2月 『絵ごころサンド』の中国語版『超可愛造形三明治大集合』が上海・台湾で発売
2010年3月 絵ごころ弁当シリーズ第3弾『絵ごころ弁当大集合』が旭屋出版より発売

コスト削減事業・中国進出支援事業への展開

2010年11月 初期投資0円でLED化を可能にした「LEDエスコ事業」を開始
2011年1月 中国銀行をはじめとする10大銀行の年収200万元以上の富裕層に向けたプレステージマガジン『COLOREEGO(カラーイーゴー)』が創刊
『COLOREEGO』の国内代理店事業を開始
2012年3月 クラウド型在庫管理・物流管理・倉庫管理システムの決定版! 「MOTHER CLOUD WMS」サービス開始
2012年4月 当社のWebサイトを全面リニューアル

創業10年を迎え次の10年へ

2012年11月 創業10周年を迎える
2014年1月 賃料削減サービスを開始
2014年4月 公共料金削減サービスを開始
2014年11月 節水事業開始
2015年7月 翻訳サービス「WordsWarp」開始

今後の展開にご期待ください

2016年2月 ウェブ接客セミナーをプレイド社との共催で開催
中国版LINE「WeChat」活用セミナーを開催
PAGE TOP